ウェブ アニメーター
浦島太郎伝説
昔昔(むかしむかし)、浦島は
助けた亀(かめ)に連れられて、
龍宮城(りゅうぐうじょう)へ来て見れば、
絵にもかけない美しさ。

乙姫様(おとひめさま)の御馳走(ごちそう)に、
(たい)や比目魚(ひらめ)の舞踊(まいおどり)
ただ珍(めずら)しくおもしろく、
月日のたつのも夢の中(うち)

(あそび)にあきて気がついて、
お暇乞(いとまごい)もそこそこに、
帰る途中(とちゅう)の楽しみは、
土産(みやげ)に貰(もら)った玉手箱(たまてばこ)

帰って見れば、こは如何(いか)に、
(もと)居た家も村も無く、
(みち)に行きあう人々は、
顔も知らない者ばかり。

心細(こころぼそ)さに蓋(ふた)とれば、
あけて悔(くや)しき玉手箱、
中からぱっと白煙(しろけむり)
たちまち太郎はお爺(じい)さん。

引 札

横浜市神奈川区子安に有った西蓮寺の縁起書。縁起書には浦島太郎伝説が書かれています。
西蓮寺には、浦島太郎の墓所である浦島塚が有ったと言われています。
現在は寺は有りません。

カナリヤレコード製

浦島太郎 貯金箱

横浜熊野神社のホームページに記載されている記事・写真・曲の無断転載を禁じます。
著作権は『横浜熊野神社』に帰属します。

Copyright(C) 2006      横浜熊野神社 All Right Reserved.


浦島太郎伝説は日本各地にあり、横浜市にも存在します。
全国各地に伝わった浦島太郎伝説を紹介します。

伝 竜宮伝来 玉手箱

武州神奈川浦島塚縁起