初午とお稲荷さん

2月の最初の午(うま)の日を「初午(はつうま)」といい、全国のお稲荷さんで神事が行われます。和銅4年(711)、2月の初午に、京都伏見の伊奈利山に、宇迦之御魂神(うかのみたまの神・食物の神)が降りてきたことが稲荷信仰のはじまりです。伊奈利は稲生(いねなり)の転語で、神が稲をせおっている姿から稲荷という字が生まれたと伝えられています。平安時代に、稲荷信仰は真言密教と習合します。お稲荷さんのお使いは狐ですが、これは密教の影響です。密教の中には、荼枳尼天(だきにてん)信仰というのがあり、この荼枳尼天は、狐に乗っているという伝承と結びついたものです。

横浜熊野神社のホームページに記載されている記事・写真・曲の無断転載を禁じます。
著作権は『横浜熊野神社』に帰属します。

Copyright(C) 2006  横浜熊野神社 All Right Reserved.


稲荷大神
稲荷大神
稲荷大神